スポンサーリンク

飛蚊症歴20年~10代で発症から現在まで~

どうもです。

飛蚊症(ひぶんしょう)という目の症状を聞いたことがあるでしょうか?

はじめの一歩でも鷹村氏が飛蚊症ではないかとかなんとかの話もあったような・・

はじめの一歩、ちょっとしか読んだことありませんすみません。
あ、でもPS2の初期に発売されたはじめの一歩のゲームは大好きでした!

そんな僕は飛蚊症歴が約20年になります。

最初、飛蚊症が発覚すると焦りましたが実際は大したことありません。
というか、慣れますし気にならなくなります。

今回は飛蚊症ベテラン?の僕が発覚当時から現在に至るまでの状況などを書いてみます。

飛蚊症が最近発覚して、「数年後、どうなるんだろう・・・」と不安になっている方など、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

飛蚊症という症状について

これを読んでくださっている方は、飛蚊症についてすでに知識を持っていらっしゃると思いますが、一応簡単に記載しておきます。

もしかして飛蚊症について初めて検索して、初めてクリックしたページかもしれませんので!

・・・いや、そんな上位に表示されるブログじゃないのは分かってますけどね(泣)

飛蚊症の症状

視界に黒い点や、半透明の糸くずのようなものが現れます。

天気の良い日に空を見上げた時や、真っ白の壁を見た時に症状に気づきやすいです。

黒い点が”蚊が飛んでいるように見える”ことから目の動きと一緒に動くため、蚊などの虫が原因でないことに気づきます。

黒い点が、最初気づいた時は1個だったものが、いつの間にか少し増えているという場合があります。

飛蚊症の原因

多くは加齢による老化が原因です。

詳細は僕はお医者さんではありませんので、正しい知識が記載されているサイトをご覧いただいた方が良いかと思います。(汗)

↑ここはパスするんかい!!

飛蚊症の対処方法

加齢によるものなどの場合、対処方法なしです。

とりあえず飛蚊症に気づいたら一回眼科へ行って眼底検査などをしてもらいましょう。

問題なければそれで安心できますし、重大な病気の兆候が見えたらそれこそラッキーです。

そう言っている僕も、23歳くらいの時に眼科で相談して以来、一度も行っていません。

令和になったことだし、もうすぐ40歳だし改めて受診しようと思っています。

10代で飛蚊症に気づいてから現在まで

ここから僕のお話をしたいと思います。

最初に言っておきますが、飛蚊症の解決方法や緩和手段などは分かりませんので書いていません。

こんな人もいるんだな~くらいでサラッと読んでいただくと良いかと思います。

飛蚊症に気づく(17歳)

最初に気づいたのは17歳の時だったと思います。

目の前に黒い点が1~2個くらいあることに気づきました。

当時はネットも現在ほど普及していませんでしたので、親に聞いてみて「あんたそりゃ飛蚊症だよ。あたしもあるよ」と言われて終了です。

最初の頃は家の白い壁にチラチラするので鬱陶しかったですが、気になるのは一時的でしたしすぐに忘れました。

そして若かったし、重大な疾患の可能性があることも知りませんでしたしね。

まぁあまり深刻に考えていませんでした。

黒い点が増えていることに気づく(20歳くらい)

自分が飛蚊症であることは、たまに思い出す程度でしたが、よくよく白い壁を見てみると数が増えている。

1年に20個とかそんなハイペースではありませんが、この時点で片側4~5個くらいあったでしょうか。

この時は、黒い点だけじゃなくて細長いチジれた糸くずのようなものもあることを発見しました。

飛蚊症で初の眼科受診(24歳くらい)

無事に就職して毎日PC画面とにらめっこ。そんな生活が続き、一気に視力低下。

それが原因か分かりませんが、飛蚊症も順調に増えているように感じました。

このころはインターネットも普及して色んな情報を調べられました。

”最悪の場合は網膜剥離”なんて恐怖な説明があったので、念のため眼科受診。

瞳孔を開く目薬を打って眼底検査をされました。

結果、「網膜剥離などの兆候は見られません。体質でしょう」と・・・

とりあえず安心して帰った記憶があります。

現在(39歳)

あれから眼科受診していません。

辺縁性角膜潰瘍(へんえんせいかくまくかいよう)という病気でちょくちょく眼科受診してますが、飛蚊症を調べてはいません。

その飛蚊症の症状はというと、確実に進行しています。

正確に数えたわけではありませんが、たぶん片目で大小10~15個くらい黒い点or糸くず状のものがありそうな感じがします。

こうやって数を書くとかなり多く感じますが、実際はあまり気になりません。

慣れというのは怖いですね~。

辺縁性角膜潰瘍の症状が改善したら、改めて受診しようと思っている次第です。

まとめ

このように、僕と飛蚊症はかれこれ20年以上の付き合いになります。

10代で発症する人って少数派だと思いますが、まぁ意外と気にならないしストレスも感じませんよ。

現在の僕はカラフルなPCモニタを見たり、白黒の紙資料や図面を読んだりする仕事ですが、そんなに気になりません。

ですが、飛蚊症として症状が進行しているのは間違いなさそうなので、また受診はしようと思っています。

とりあえず、インターネットの情報に一喜一憂するよりもまずは病院を受診すれば全て解決です!
上にも書きましたが、問題なければそれで安心できますし、重大な病気の兆候が見えたらそれこそラッキーです。


以上です!

タイトルとURLをコピーしました