スポンサーリンク

ボクシングジム無料体験~必要なものから体験内容まで~

ボクシングジム無料体験_アイキャッチ

どうも40歳のおじさんです。

ここでは僕がボクシングジムの無料体験に行った時のことを書いていきたいと思います。

ここに目を通していただければ、

・ボクシングジムって興味あるけど敷居が高い・・・

・ジム無料体験は何か準備しておいた方がいいの?

・運動経験ゼロだけどいきなり行って大丈夫?

・30代・40代でも大丈夫?

などの疑問点がきっと解決すると思いますよ!

先に結論を言っておきますと、「すべて問題なし!」です。
ジムだって商売です。
無料体験=入会の可能性有りなので、もちろんおじさんだろうが、女性だろうが、子供だろうが、それはそれは歓迎されますよ(笑)

スポンサーリンク

わたくしの経歴など

無料体験のことを書く前に簡単に僕の経歴などを下に書いておきます。

・年齢:40歳
・身長:171cm
・体重:56kg
・格闘技経験:なし
・定期的運動:なし(中学校のバスケ部が最後)
・仕事:デスクワーク(車&電車通勤)

はい。ごらんのとおり運動不足のサラリーマンです。

身長と体重だけ見ると締まってる感があるかもしれませんが、ただのガリガリです。
それなのに40歳を過ぎてから脇腹がポヨッとして来るんですから、老化というのは恐ろしいです。

こんな運動不足のおじさんが無料体験からジム入会までしちゃっている訳ですから、意外とハードルは低いと思います。

ちなみにですが、ジムには90kgくらいと思われる会員さんもいらっしゃいます。
その方は僕よりもジム歴は長いようで、それは良い動きをされてます。
なので体系もあまり関係なさそうです。

無料体験の予約方法

気になっているジムが無料体験を実施しているかどうかを確認しましょう。
最近はジムがホームページを立ち上げていることが多いと思うので、そこに書いてあると思います。

無料体験はだいたい飛び入りでも受け入れてくれますが、電話などで訪問時間を連絡しておいた方がベターです。

ジムによってはトレーナーさんやスタッフさんが常駐していない場合もあります。
電話で事前に確認すれば「○○時~○○時であればトレーナーが居ますのでその時間でお願いします」などと教えてくれると思います。

また、事前に日時を連絡しておけば、ジム側も準備ができるので体験もスムーズに行えますし、歓迎ムードで迎えてくれてホッとできます(笑)


ここで注意点ですが、無料体験の日時を予約する前に、次に書いている「準備するもの」を既に持っているかどうかを確認しておいてください。
持っていない場合は、購入に要する期間も考慮してから日時予約をしてください。

あと、次に書いている「準備するもの」はだいたいどこのジムでも同じですが、一応電話口などで必要なものを聞いておきましょう。
ホームページに書いてある場合はそれに倣えば大丈夫です。

<無料体験の予約方法>

・ジムのホームページに無料体験について書かれているか見る

・電話かメールで無料体験希望であることを伝える

・体験希望日時を伝える(下記注意点参照)

・無料体験時に必要なものを聞く(ホームページに書いてない場合)

・シャワーなど施設利用が可能か確認

<注意点>
次の項目の「準備するもの」が手元にある状態か確認しておきましょう。
無い場合は、手配する期間も考慮して無料体験日時を決めておきましょう。

準備するもの

ボクシングジムの無料体験に当たって必要なものを書いておきます。
だいたいどこのジムでも同じだと思いますが、ホームページに記載ない場合は無料体験予約の際に聞いておいた方が無難です。

<無料体験で準備するもの>
・動きやすい服装
・室内用シューズ
・汗拭き用タオル
・飲み物
・着替え+タオル

ひとつずつ詳しく見ていきますね。

動きやすい服装

上はTシャツでOKです。
寒い時期であれば長袖のTシャツでも大丈夫だと思いますが、冬でも汗だくになる可能性があるので、中に半そでTシャツを着て、上に薄めのジャージを羽織る感じが良いかもしれません。
Tシャツなら何でもいいと思いますが、色はグレーは汗が目立ってちょっと気になるので避けた方が良いような気がします。(個人的に)
最近は速乾性のシャツなどもあるので、そういうのだと尚良しですね!
まぁなんでもヨシです。


下はハーフパンツでもジャージでもなんでもいいと思います。
さすがにデニムはやめた方が良いですし、裾を踏んでしまいそうなほど丈が長いものも危ないのでダメですが。。。

室内用シューズ

室内用シューズは、量販店などで売っているランニング用シューズで十分です。
持ち合わせが無ければ、バスケットシューズなど重く大きいものでも無料体験用と割り切れば問題ありません。
ただし、すぐに買い替えたくなると思いますw
あ、もし一度でも外履きとして利用したものはしっかり砂や汚れを落としておきましょう。

ちなみに僕はアシックスのこれを購入しました。
安いし足先が広めなので下ろしたてでも窮屈な感じはありません。さすがアシックス!
このシューズを買う場合はサイズはジャストサイズを注文した方が良いと思いますよ。

ボクシングジム用シューズ

汗拭き用タオル

汗拭き用タオルは1枚あれば大丈夫でしょう。
種類は何でも構いません。

なのでこういうセットのヤツを手配しても良いかなと思います。

飲み物

水分補給用として飲み物は必ず準備しておきましょう。
自動販売機でペットボトルを買って持って行っても良いですし、水筒に入れていってもいいです。

水筒の場合は大きめのもの、せめて0.5~1リットルくらいのものを準備しましょう。ボクシングはかなり汗をかきますので最近流行のコンパクトタイプでは全然足りません。口が大きいタイプだとドリンクを入れやすくて良いと思います。

着替え+タオル

もし今から無料体験しようと思っているジムにシャワー室などがある場合は、着替えと体を拭くためのタオルも持って行っておきましょう。この時に下着も忘れないように!
(僕はシャワー後に下着を忘れたことに気づいて、汗びっしょりのパンツをもう一回履いたことがあります・・・)

ただし、シャワー室を使ってよいかは事前に確認をしておいた方が良いです。
ジムによっては正式会員でなければ利用できないシステムの場合もあると思います。

シャワーが無くても着替えロッカーは最低あるはずなので、着替えは持って行った方が無難です。

無料体験へGO!

ボクシングジム無料体験_訪問

いざ!!!

ちょっと緊張しましたが、入り口で「こんにちわ~」とあいさつすると皆さん「こんにちは~」と返してくれました。小さなことかもしれませんが、やっぱり挨拶が返ってくると気分いいですw

受付に人がいたのでその人に
「無料体験できました○○です」
と伝えると、ちょっと手隙のトレーナーさんを読んでくれて、あとよろしく!みたいな感じです。

軽いw

あとはその人について色々教えてもらいます。

ボクシングジムの無料体験で出来たこと

では実際に無料体験で行ったことを書いていきますね。

僕の行ったジムでは一般会員さんがされていることの一連をやらせてもらった感じになりました。

<やらせてもらえたこと>
・準備運動(柔軟体操)
・ロープ(縄跳び)
・踏み台昇降
・ステップ
・腹筋
・シャドー
・ミット打ち
・サンドバック打ち
・クールダウン(柔軟)

なお、ジムでは絶えずタイマーが時間を刻んでいます。

僕の行ったジムでは
2分30秒経過 ピッ♪ ②30秒経過 ピッピッ♪ ③30秒経過 ピッピッ♪
の3分30秒サイクルを延々と繰り返しです。

ボクシングの試合は3分を1ラウンドとしているので、それに合わせてジムのタイマーも時を刻んでいるんですね!
ちなみに、ジムによっては、3分~1分休憩~3分~1分休憩・・・・とカウントしているところもあるようです。

基本的にこのタイマーによって各メニューが進んでいきます。
それぞれどんなことをやったか書いてみます。

準備運動(柔軟体操)

ごく普通の柔軟体操です。

特に「こうやる」という決まりはないので、自分なりに体をほぐせば良いと思います。
僕が思うに腰回しや手首・足首回しは念入りに行った方が良い感じがしています。

ジムには寝転がるスペースもあるので、そこでストレッチします。

とにかく準備運動、特に柔軟体操は念入りにしてください。
できれば普段運動していない人は、数日前、数週間前から日常的に柔軟体操をしておいた方がいいです。
でないと僕みたいに体痛めますよ(笑)


ロープ(縄跳び)

ボクシングジム無料体験_ロープ

しっかりストレッチしたら次は縄跳びを渡されました。
縄跳びと言っても小学校の時に使っていた可愛いものではなく、縄が革製のロープでちょっと重量感があるものでした。

これを鏡の前でやってみます。

1、2、3・・・・
ペースは自分のペースで問題ありません。
縄跳びなんて小学生以来だから、30年近くぶりです(笑)

たかが縄跳びと思っていましたが、運動不足の体には想像以上にきつい。
10回目くらいから足の筋肉が悲鳴を上げていました!(泣)
「縄跳びくらいでそんな馬鹿な!」と思うかもしれませんが、僕自身が「そんな馬鹿な」と言いたいくらいです。

あまりに足が痛くなるので、休み休みやりました。
トレーナーさんもケガをさせるわけにはいきませんので、休んでたって文句は言いませんよ。
むしろニヤニヤしてますw

このやろー!と思いながら3分跳びました。(休み休みね)

ちなみにボクシングの準備運動としての縄跳びは両足をそろえてジャンプするよりも、片足ずつ交互の足でジャンプする感じが良いみたいです。
重心を左足・右足・左足・右足・・・・という感じ。

踏み台昇降

ただしい名前がわかりません。。。。

低いステップ(15cmくらい)に左足をのせて、右足は地面につけます。
この状態から左右の足を同時に入れ替えます。
トン、トン、トン・・・・と軽くジャンプしながら左右の足を入れ替えます。

手書き_ステップ_2


これをまた3分間。

これもロープ並みに足にきます(泣)
当然こちらも休み休み3分間実施。

ステップ

これも正式名称はわかりません。

リングに登って(ちょっとワクワクしながら)リングに張られたロープ沿いにサイドステップをします。
本当はサイドステップじゃなくて、ファイティングポーズをした状態でボクシングのフットワークで進んでいくものらしいですが、構えも教えてもらっていないので普通にサイドステップです。

サイドステップなので、普通に走るんじゃなくて横向き気味にピョコッピョコッっと進んでいきます。
1周回ったら逆回り。
これをまた3分間続けます。

これも休み休み(笑)
たったこれだけでハァハァ言ってますからね。

腹筋

こんどは腹筋台に足をかけて10回腹筋です。
トレーナーさんと並んで仲良くw

僕は割と腹筋は大丈夫でした。
これは時間とか関係なく自分のペースで10回して、休憩挟んでまた10回、休憩挟んでまた10回で終了。

さすがに20回超えると腹筋がピキピキなりましたが、やり切りました!

シャドー

さて、いよいよボクシングっぽいことが始まります。

鏡の前に立って構え方(ファイティングポーズ)を教えてもらいます。
そしてその状態から左ジャブの打ち方を教えてもらいました。
つづけて右ストレートの打ち方を教わります。

そしてジャブとストレートでワンツーの練習です。
フォームなどを修正してもらいつつ、鏡の前でワンツーの繰り返し。

お!なんかボクサーっぽいw
ちょっと楽しくなってきました!

慣れてきたら軽いステップを交えてのワンツーです。
左足を出すと同時にジャブ!
そしてすぐに右ストレート!

何回か鏡を見ながら繰り返します。
その間、トレーナーさんから
「肩の力を抜いて~」
「ストレートは腰を回す感じで~」
と修正してもらいつつ。

これは2ラウンドくらいやったと思います。

ミット打ち

ワンツーをある程度覚えたところで、軍手を差し出されました。
意味わからずとりあえず嵌めてみます。

すると貸し出し用のボクシンググローブを付けてくれました。
軍手はバンテージの代わりですね。

そしてトレーナーさんかにリングに登るように言われて、そのままミット打ちです。

「ジャブ、ジャブ、ジャブ」
「ワンツー、ワンツー」

トレーナーさんの声掛けに合わせてミットを打ちます。

これがキッツイ!!
でも必死で食らいついていきました。

トレーナーさんとリズムが合わないことも多々ありますが、そこは上手くカバーしてくれて気持ちよくミット打ちが出来ました。

サンドバック打ち

次はリングを降りてサンドバック打ちです。

これは好きに打たせてくれました。
と言ってもジャブとストレートしかわからないのでそれらの繰り返しです。

でもそれだけでも楽しいんですよこれが!
気兼ねなくものを殴るってとてもストレス解消になります。

たまに横でトレーナーさんが
「オゥ グ~~!」
とか言ってくれるので、より一層気分が盛り上がります(笑)

※ミット打ちとサンドバッグを見てくれたトレーナーさんは外人さんでした

サンドバッグをガシガシ殴っても手が痛くなることはありませんでした。
たぶん1、2ラウンドくらいだったら大丈夫だと思います。
パンチ力もありませんしね!

クールダウン(柔軟)

サンドバッグを打ち終わったくらいで、体験を始めてから1時間以上が経過していました。

そしてもう一度柔軟体操です。

これにて無料体験は終了となります。

無料体験が終了

無料体験が終わった後は、トレーナーさんとしばしトーク。

まぁ勧誘ですよw
勧誘と言ってもしつこくはなくて、
「受付の申請書を持って帰ってネ~」
という感じです。

片言の外人さんだったので正直深い話は出来ませんでしたが、
「楽しかったでしょ?また明日からおいでよ^^」
みたいな感じは伝わってきました(笑)

お世話になったほかのトレーナーさんにも「ありがとうございました」とお礼を言ったあと、
僕は言われた通り、受付で正式入会の申請用紙をもらってその日は帰りました。

無料体験まとめ

以上で無料体験は終了です。

無料体験はジムによって内容は異なると思いますが、おおむね近しい感じと予想しています。

僕は結構ハードに感じましたが、それは僕が出来るだけついていこうと無謀に頑張っていたからで、実際には自分のペースで良いと思います。ジムの人だって無料体験に来てくれた人にはそのまま入会してほしいはずですから無理はさせませんよね。


無料体験しながら周りを見渡してみて、
・ジムにいる人たちがどんな雰囲気で練習しているのか。
・プロと一般会員の間で変な壁が出来ていたり、嫌な空気が流れていないか。

など間近で見てみるのも大事だと思います。


ちなみに僕が通っているジムは、プロ選手もいますし練習生もいます。
でも50代のおじさんだっているし、女性ももちろんいます。
無料体験の時は見ませんでしたが、ブログを見ていると60代で初心者の方もいらっしゃいます。
小学校低学年の子供たちもいます。
そんな色んな人がそれぞれモクモクとトレーニングして、たまに笑顔で会話も見られるような程よい緊張感のある環境です。


好みの環境は人それぞれだと思いますので、興味があるなら無料体験して一歩踏み出しちゃいましょう!

アラフォー初心者がボクシングジム10回通った結果
どうもです。このページは、格闘技初心者・運動不足・ガリガリの40歳男性が、ボクシングジムに入会してから10回通ったところまでの事を書き留めたものです。・ド初心者でもやっていける?・未経験おじさんだと敷居が高い?・ボクシングジムって...



タイトルとURLをコピーしました