スポンサーリンク

太陽光発電と蓄電池のセットは損か?得か?年検証中

太陽光パネルと太陽

どうもです。


我が家にて太陽光発電と蓄電池を導入しましたが、

「実際のところ太陽光と蓄電池って回収率はどうなの?」

という所をここでは記録していきたいと思います。

自分の覚え書きの意味で残している部分が大きいですが、今から太陽光発電や蓄電池の導入を検討されている方の参考になれば幸いです。

実際の電気料金とかリアルな数値を公開していきますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク

我が家の状態と太陽光発電システム

我が家で導入した太陽光発電システムは以下です。

・太陽光パネル:SHARP製 NU-218J 19枚=4.142kWh

・蓄電池:SHARP製 JH-WB1621 4.2kW


詳しくはこちらのページでも書いていますのでご覧ください。
導入当時の価格も書いているので参考にしてくださいね~

ソーラーパネルと蓄電池の購入価格とサイズ~シャープ製~
どうもです。2020年1月、我が家にも太陽光発電システムが導入されました。ここではうちで導入したものや金額を紹介したいと思います。また、蓄電池もセットで導入したんですが、実際に置いたときのサイズ感や置き場所の注意点など書いておきたいと思い...


太陽光と蓄電池を導入を決意する3か月前までは全くのど素人だった僕ですが、導入に当たってはソーラーパートナーズ で3社ほど相見積もりを取りまして今に至ります。

これから導入を検討される方は絶対に相見積もりをとりましょう!
ソーラーパートナーズであればわざわざ複数社に連絡する必要もなく、業者の所在地や規模・実績などこちらの要望に合わせた業者を紹介してくれますし、なんといってもHP上にはいろんなお役立ち情報が無料で読めるようになっています。

僕もこちらで色々勉強させてもらいました!タダでw



その他、発電に影響しそうな情報は以下です。

・地域:東海地方
・屋根の向き:西北西(真南に対して125°西寄り)
・屋根の勾配:25°(5寸勾配)

はっきり言って太陽光発電にはかなり不利な条件だと思います。

設置容量も大きくないですし、方角も悪い。

だいたいのご家庭は、我が家の数値よりは良いと思ってもらって良いくらいだと思います。


さて、こんな条件で実際の所、10年でどこまで回収できるものなんでしょうね~?

見積時にシミュレーションした結果

記録を書いていく前に、太陽光発電を導入するにあたって見積時にシミュレーション(試算)をしてもらっています。

要は「うちで導入したらどれくらいの効果が見込めるか?」というものですね。

これと実情を比較するのもまた面白いかな~と思いますので残しておきます。

太陽光発電シミュレーション結果

ちょっと画像だと見にくいので下に書いておきます。

【予測発電量】
1月:170 kWh
2月:223 kWh
3月:348 kWh
4月:392 kWh
5月:484 kWh
6月:416 kWh
7月:444 kWh
8月:462 kWh
9月:347 kWh
10月:282 kWh
11月:196 kWh
12月:166 kWh

上記は我が家のある地域の日射量や屋根の向き、パネル設置枚数などを考慮して試算されたものです。

我が家は屋根の方角が太陽光発電には不利なので、だいたいのご家庭はこれより大きい値になるのではないかと予想します。


そして、太陽光発電を導入する前の電気代はどうだったのか?というのも重要な要素です。

それについてはこちらで書いているのでご参考に!

両親+子供の3人家族の電気代(我が家)
どうもです。本日は我が家の電気代を晒してみたいと思います。なぜ急に電気代の話を書く気になったかというと、太陽光発電を導入することになったからです!導入するきっかけとか、何をどのくらいの容量で設置したとかは別で書こうと思いますが、その前に現...



買電・売電の記録~太陽光発電・蓄電池~

さて、実情はいかに?!

10年続けて記録していきたいけど、そこまで根気が続くのかが問題ですね(汗)

まずは1年を目標に!!


ちなみに太陽光の営業の方にも言われていましたが、売電金額は従来の電気料金の請求書とは別で請求書(振込書?)が送られてきます

↓こんな感じ

電気買取2月分

「お支払い予定額 4,080円」というのがこの月の売電額です。つまりは電気を売ってもらえるお金ですね!

買電の請求書にマイナス記載とか一緒に書いてあれば分かりやすいのにね。。。


ここから各月の電気代を載せていきます!
(下の方に比較しやすいようにグラフにまとめてますよ)

2020年2月分

2020年2月買電(計量期間:2020年1月20日~2月16日)

電気料金2月分

電気料金(小計):8,377円

2020年2月売電(計量期間:2020年1月14日~2月16日)

受給電力:170kWh
お支払い予定額:4,080円

2020年3月分

2020年3月買電(計量期間:2020年2月16日~3月15日)

電気料金(小計):8,575円
電気使用量:395kWh
・デイタイム:1kWh
・@ホームタイム:72kWh
・ナイトタイム:322kWh

2020年3月売電(計量期間:2020年2月17日~3月15日)

受給電力:213kWh
お支払い予定額:5,112円

2020年4月分

2020年4月買電(計量期間:2020年3月16日~4月14日)

電気料金(小計):7,292円
電気使用量:337kWh
・デイタイム:1kWh
・@ホームタイム:42kWh
・ナイトタイム:294kWh

2020年4月売電(計量期間:2020年3月16日~4月14日)

受給電力:357kWh
お支払い予定額:8,568円

2020年5月分

2020年5月買電(計量期間:2020年4月15日~5月17日)

電気代5月

電気料金(小計):5,430円
電気使用量:239kWh
・デイタイム:0kWh
・@ホームタイム:18kWh
・ナイトタイム:221kWh

2020年5月売電(計量期間:2020年4月15日~5月17日)

受給電力:447kWh
お支払い予定額:10,728円

2020年6月分

2020年6月買電(計量期間:2020年5月18日~6月14日)

2020年6月電気料金

電気料金(小計):4,046円
電気使用量:158kWh
・デイタイム:0kWh
・@ホームタイム:10kWh
・ナイトタイム:148kWh

2020年6月売電(計量期間:2020年5月18日~6月14日)

受給電力:387kWh
お支払い予定額:9,288円

2020年7月分

2020年7月買電(計量期間:2020年6月15日~7月14日)

2020年6月電気料金

電気料金(小計):4,738円
電気使用量:198kWh
・デイタイム:1kWh
・@ホームタイム:14kWh
・ナイトタイム:183kWh

2020年7月売電(計量期間:2020年6月15日~7月14日)

受給電力:292kWh
お支払い予定額:7,008円

2020年8月分

2020年8月買電(計量期間:2020年7月15日~8月17日)

電気代2020年8月

電気料金(小計):5,362円
※特別割引額あり
電気使用量:267kWh
・デイタイム:1kWh
・@ホームタイム:30kWh
・ナイトタイム:236kWh

2020年8月売電(計量期間:2020年715日~8月17日)

受給電力:366kWh
お支払い予定額:8,784円

2020年9月分

2020年9月買電(計量期間:2020年8月18日~9月14日)

電気料金9月分

電気料金(小計):4,893円
※特別割引額あり
電気使用量:241kWh
・デイタイム:1kWh
・@ホームタイム:28kWh
・ナイトタイム:212kWh

2020年9月売電(計量期間:2020年8月18日~9月14日)

受給電力:270kWh
お支払い予定額:6,480円

2020年10月分

2020年10月買電(計量期間:2020年9月15日~10月14日)

10月電気料金

電気料金(小計):4,812円
電気使用量:212kWh
・デイタイム:1kWh
・@ホームタイム:20kWh
・ナイトタイム:191kWh

2020年10月売電(計量期間:2020年9月15日~10月15日)

受給電力:232kWh
お支払い予定額:5,568円

集計

これまでに集計したデータをグラフ化してみました。

買電グラフ

横軸が月、縦軸が支払った電気料金です。
そして、グラフの青色が太陽光導入前の電気料金、オレンジ色が太陽光導入後の電気料金です。

当然ながら支払い額は下がっています。
しかし2月分の低下が半額以上!

ん~、ここまで下がる理由はよくわかりません(汗)

太陽光+蓄電池を導入したタイミングで電気料金プランが変更になったこともあるのかな~

※「日中が高くて夜間は安い」というプランに変更しました。というか、業者さんが勝手に手続きしてくれました。

では、いったい太陽光発電と蓄電池を導入してどれくらいお得になったかをグラフ化してみます。

回収料金

緑:昨年同月の電気代と太陽光導入後の電気代の差分
黄:太陽光発電による売電金額

つまりは、電気代が安くなった分 + 売電のグラフです。

数値を出すと、

【回収料金】
2月:¥14,877
3月:¥8,860
4月:¥15,519
5月:¥14,046

6月:¥12,064
7月:¥9,448
8月:¥14,954
9月:¥11,390
10月:¥8,447

合計は・・・・・

【9か月の合計回収料金】¥109,605

平均は・・・・・

月平均回収料金】¥12,178/月

単純にこの平均が10年間続くと・・・・・

【10年間での回収料金予測】¥1,461,400

どうでしょう?

その年の気温や天気や家庭環境の変化、各機器の劣化などによって単純比較は難しいですが、ひとつの参考情報にはなるんではないでしょうか。

でも季節によって割合が変わりそうなので、少なくとも1年くらいウォッチしてみないと何とも言えませんね~。


※我が家の蓄電池の容量や、太陽光発電機器はこちらになります。

まとめ


太陽光発電と蓄電池を導入後、集計し始めてから9か月が経過しました。

無事に記録出来ている自分をほめてあげたい!

今年は梅雨が長かったので太陽光にとっては不利な年だな~と思っていたものの、8月はまさかの日中雨なし!!ということで梅雨のビハインドを取り戻したのでは?

もうすぐ一年になりますが、我が家の場合、10年では太陽光発電システムの導入費用は回収困難な見込みです。
機器が故障しないこと、蓄電池の容量がガクッと減らないことを前提とすると15年くらいでトントンくらいイケるかな~。というレベルです。
でも実際は蓄電容量も低下しますし、10年目以降は固定買取制度も終わるのでちょっと厳しいかな!

電気代をお得にしたいということが目的であれば、やはり蓄電池は後回しにしましょう!
出来るだけ安いソーラーパネルを多数導入して最初の10年間は売電に終始するのが最も回収できるパターンではないでしょうか?


安いソーラーパネルとか、工賃が安いところはちょっと不安になることもあると思います。
なので、ここは実績のある所でお願いしましょう!


まずはソーラーパートナーズ で相見積を取ってじっくり比較するのが良いと思います。
我が家もこちらで見積もりをお願いして、満足いく結果となりましたので(*´▽`*)


タイトルとURLをコピーしました