スポンサーリンク

ソーラーパネルと蓄電池の購入価格とサイズ~シャープ製~

どうもです。


2020年1月、我が家にも太陽光発電システムが導入されました。

ここではうちで導入したものや金額を紹介したいと思います。

また、蓄電池もセットで導入したんですが、実際に置いたときのサイズ感や置き場所の注意点など書いておきたいと思います。

参考になれば幸いです!

下の記事では実際に導入してから毎月の売電・買電料金の推移をまとめています。
今から導入を検討されている方や、太陽光と蓄電池でどの程度元が取れるか(回収できるか)が気になっている方などは参考になると思います。

太陽光発電と蓄電池のセットは損か?得か?年検証中
どうもです。我が家にて太陽光発電と蓄電池を導入しましたが、「実際のところ太陽光と蓄電池って回収率はどうなの?」という所をここでは記録していきたいと思います。自分の覚え書きの意味で残している部分が大きいですが、今から太陽光発電や蓄電池の導入...

スポンサーリンク

太陽光発電に興味をもったきっかけ

太陽光発電に興味を持ったきっかけは、イオ〇モールでブースを出していた会社の話を聞いたことです。

当時は全然興味なかったんですが、その日は何となく促されるまま話を聞いてしまいました。

そして家に来てもらう日も決めて、実際に太陽光パネルと蓄電池のセットの金額を出してもらいました。

2~3時間くらいかけて色々詳しく説明してくれました。

その時に提示された金額がなんと太陽光+蓄電池+工事費で350万円!

正直この時は金額感も何も持ってなくて、「そんなもんなんだ~」くらいにしか思っていませんでした。

営業の方も嫌な印象はなく、むしろ好印象でしたし、どちらかというと”契約寄り”の前向きな気持ちでした。

ただ、「今日ここで決めてくれればこの金額で通せます!」という悪徳訪問販売で良くあるワードが出てきてしまい、ちょっと冷めてしまいました。

そして、「今日ではさすがに決められません。3日後にどうするか連絡します」と言ってなんとかその日はお帰りいただきました。

その3日間、検索魔ですよ(笑)

やっぱりちょっと高いような気がする。


でも決定的な情報は無かったので、”もう複数社に見積もりするしかない!”となって、ネットで出てきたソーラーパートナーズにて見積もり依頼をかけましたとさ。



ちなみに、自宅を購入してすぐの時も太陽光発電を色々調べたんですが、その時は調べ疲れてやめました(汗)

当時は”儲かりますよ!お得ですよ!”っていうのが前面に出てましたが、「どうせそんなうまい話なんてないでしょ」と思ってましたし。

結果、初期に導入した人は結構儲かったようですね(笑)


今となってはそんなに儲からないと思いますが、災害時などでもスマホの充電ができるし、最低限の家電が使えるというのは結構安心感がありますよね~。

僕の中で太陽光発電の導入はこの安心感を買うためといった感じです。
その安心感のためには蓄電池が必須となります。

蓄電池はまだまだ高く、とても導入額を回収するのは困難だと思っていますが、やっぱり蓄電池があるのは安心感が違う!

そういう訳で多少の持ち出しはあまり気にしていません。

”多少”のね!

そりゃ儲かる方が嬉しいけど・・・・・

ソーラーパートナーズで一括見積もり

まずは、どうして僕がソーラーパートナーズで見積もり依頼をしたかについて書いておこうと思います。

見積もり依頼からお断りまで代行してくれる

これ、必要ない人にはどうでもいいことですけど、若干電話恐怖症の僕にはありがたいです。

それに、フルタイムで働いていて、職場はスマホの持ち込み禁止なんです。

だから日中はほとんど電話が取れないので、太陽光と蓄電池を導入を決意する3か月前までは全くのど素人だった僕ですが、ソーラーパートナーズ が一括で代行調整してくれるのは助かります。

それもメールで調整させてくれるので、返信時間も気にする必要ありませんし!

希望に基づいて候補の業者を絞って紹介してくれる

最初に希望を聞かれますので、”地元の業者がいい”とか”太陽光専門業者がいい”とか、”大きい会社がいい”とか好みを伝えると、それに沿った業者を3社くらい紹介してくれます。

僕の場合は”地元(県内)に営業所がある会社”と”蓄電池も取り扱っている会社”くらいを伝えました。

他にも。「太陽光パネルは日本製一択ですか?」とか「希望のメーカーはありますか?」とか聞かれましたが、そこは「特にありません」と答えました。

そしたらそれらの希望にマッチする会社を3社、それぞれの強みなどのコメントを添えて紹介してくれました。

特に不満はなかったのでそのまま3社に見積依頼をお願いすることで決定しました。

太陽光パネルの相場金額を教えてくれる

これは見積もり依頼をした人限定ですが、太陽光パネルメーカー毎の金額相場が分かる資料が閲覧できるようになります。

熟読はしていませんでしたが、参考程度には目を通しました。
おおよその金額感もここでつかめてくると思います。

審査に通った会社しか登録されていない

これは結構惹かれました。

太陽光の業者だったらどこでも登録できて、すぐに紹介してもらえるというものでは無いようです。

見積依頼で来てくれた業者さんにも聞いてみましたが、審査が結構厳しいらしくて、その会社さんは承認に1年かかったと・・・・

「さすがにそれはかかりすぎでは?」という気もしましたが、まぁどこでも簡単に登録できるわけではないということはわかりました。

そして一度審査に通って紹介されるようになった会社でも、その後のクレームなどによって登録が抹消されるようです。



そんな感じで無事に3社から見積もりを受け取り、どの会社も良かったんですが最終的に1社に絞って工事をお願いすることになりました~!


特に工事をお願いする業者が決まっていないとか、複数見積もりとって価格相場を知りたいという方は、ソーラーパートナーズに登録しておいても損はないと僕は思いますよ~。

ソーラーパートナーズのホームページはこちら

我が家で導入した太陽光発電システム

我が家で契約したもの一覧です。

【太陽光関連】
・太陽電池モジュール
(シャープ) NU-218Jx19枚
・瓦架台(シャープ)
・CTセンサー
(シャープ)
・まるごと15年保証
(シャープ)
・アレイケーブル
・設置工事

【蓄電池】
・クラウド蓄電池4.2kWhシステム(シャープ)

・クラウド蓄電池4.2kWhシステム15年保証(シャープ)

・設置工事

【その他】
・防鳥ネット

ご覧のとおり、シャープのシステムを導入しました。

別にメーカにこだわりは無かったんですが、そのお店はシャープ推しだったことと、結局一番安くて、なんか安心できそうな業者さんだったのでこれにしました。

太陽光パネルは19枚設置で、4.142kWとなります。


我が家の屋根は東西に向いている切妻屋根です。

しかし太陽光には不利な西側にしか充分な設置面積がありません。(東側は1枚もパネルを設置できない)

さらに、真西ではなくて北側に35°程度向いています。

つまりは西北西です。。。

さらにさらに、隣家と近く西日になると隣家の影が出来るらしく屋根の一番下までパネルを設置できません。

その結果、屋根の面積の割には少な目な19枚設置となりました。

こんなんでちゃんと発電できるかな~。
営業の人は大丈夫と言ってくれるけど、そこは営業さんですからね~。


ちなみに防鳥ネットなるものも追加で設置してもらいました。

製品としてはただのステンレスの金網です。
これは会社の同僚に「付けといた方が絶対いいよ!」と言われていたので付けました。

その同僚は当初付けていなかったんですが、いつからかハトがソーラーの下に巣を作ってしまい、ハトの巣窟となってしまったようです。

毎日ハトのフンが家の周りに落ちて、夏場は匂いが気になるし衛生的にも不安ということで、後付けで専門業者に依頼したらしいです。

見積の時に防鳥ネットの話が出なかったので「防鳥ネットあった方が良いですか?」と営業さんに聞いたら、「防鳥ネットあった方が良いと思います。後から付けると足場代とかがまた掛かっちゃいますからね」ですって。

いやいや、だったら最初からお勧めしてよ(笑)


あ、それとこの手のシステムでよく見る電力モニターですが、僕は導入しませんでした。

↓こういうの

リビングの壁についてたらなんかいい感じですよね!

でも「安くしたいな~」って言ったら省いてくれました。
だって「スマホで見れますよ」って言われたら、「じゃぁいらない」ってなりますよ~。

モニターの金額は1~2万円くらいだったような気がします(もう忘れちゃった・・・)

↓スマホの画面

画面はしょぼくなりますが、情報としては十分でしょう!

ちなみに上の画像は、「太陽光で1.8kW発電してて、1.5kWを売電、0.3kWを家で使っていますよ」の図です。

午後1時くらいですが、少し陰りがあるせいか発電量がイマイチです。

右側の絵は蓄電池で、0.0kWと表示されていて電気を放出していない状態です。
(8割くらい蓄電している図になっています)

日中は電気代が高いので、もしも太陽光で家の消費分を補えない場合は蓄電池の電気を使って買電を抑えてくれます。

かしこい。

他にもその日の電気の売電価格、買電価格や月間、年間累積など色々情報をグラフ等で見ることが出来ます。

太陽光システム導入してから1か月半くらい経ちましたが、1日1回は見てる気がします。

なんか見るの楽しい(嬉)

ソーラーパネルと蓄電池の合計金額

導入にかかった費用はこちらです。

太陽光システム設置工事費:200万円(税込)

上で書いた契約したものすべてコミコミの価格です。

税抜きですと、182万円くらい。

見積書には導入したものそれぞれの内訳が書かれていますが、あまり詳しく書くと怒られそうなので(←誰に?)一応遠慮しました。

太陽光発電だけだと110万円くらいの内訳でした。

なので蓄電池が70万円くらいになりますね。

今回契約したのはシャープで、太陽光と蓄電池の同時導入が前提なのでそれぞれを買うのは出来ないのかな?

あまり詳しく調べていません(汗)

まとめ

まぁとにかく無事に工事が終わりました。

工事は、足場設置に1日、太陽光システムに1日、足場撤去に1日の計3日でした。
なお、足場の設置・撤去は在宅の必要はありませんでした。


契約から工事までは3か月くらいあったような気がしますが、すでに記憶があまりありません。

当初、「1月に工事できても手続きに時間がかかるので、売電は3月くらいからになるかもしれません」と言われていましたが、工事完了時点ですでに売電開始となりました。

とりあえず今年の大きなイベントが一つ終わりました。

謎の達成感!


めでたしめでたし。


以上です!!

【おまけ】屋外に設置する機器のサイズとか

ここからは外に置く蓄電池やパワコンのサイズなどを書いておきます。

設置の際の参考になれば嬉しいです。

蓄電池:JH-WB1621

こいつの設置場所は想定外でした。

本当はこんな所に置きたくなかったけど、やむなし!!!

ラティスとかで目隠しすることを考えております。

箱(グレー)の部分のサイズ
 横幅:約50cm
 高さ:約60cm
 奥行:約36cm


下にコンクリの足があります。
(我が家はさらにその下にブロックで下駄をはかせてありますが、普通は必要ありません)

ブロックのサイズ
高さ:約10cm
奥行:約50cm


ブロックは写真にも写っているように奥行方向にレールが埋め込んであり、このレール内で蓄電池を固定することになります。

我が家は一番奥に置いた状態です。。

逆を言うと、蓄電池サイズよりもブロックの方が奥行方向でスペースを取られます

これから導入される方は気を付けておいた方が良いかもしれません。


あともう一つ、蓄電池の画像の左側に黒い配管が2本出ていると思います。

配管の中には配線が入っていると思うんですが、あまりキツク曲げることが出来ないようです。

さらにさらに、この蓄電池は正面から見て左側にしか配管を出すことが出来ません

例えば我が家のように、壁に対して直角に蓄電池を置こうとすると、この向きにしか設置できません。

ちなみに蓄電池の背面もほぼ同じ見た目(SUNVISTAのロゴが無いくらい)ですんで、正面がどっち向こうがあまり気にならないかもしれませんけどね。

※中身はわかりませんのでもしかしたらロゴがある方からじゃないとメンテナンスとかできないってことがあるかもしれません。

【注意点】
・蓄電池の設置スペースはブロックのサイズも考慮が必要。
・蓄電池は重量物なので、柔らかい地盤には設置できない。
・横から配管が飛び出る、かつ配管はあまり曲げられない

蓄電池の配管先についている”何か”

名前分かりませんし、どんな機能があるか知りません(汗)

工事のお兄さんが説明してくれたような気がしますが、すぐ忘れました!

こんな適当な感じで導入してます。なんかすみません。。。


そんなに大きいものではありませんが、壁から多少飛び出ますので一応書いておきます。

”何か”のサイズ
幅:15cm
奥行:10.5cm

パワコン

上の方にあったので設置されていることに全然気づきませんでした。

手が届かなかったのでサイズは測っていません~。

窓の格子の色と近いのせいか、デカい割には意外と溶け込んでる。

タイトルとURLをコピーしました